スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

gitリモートリポジトリ初期作成メモ

自分用メモ、ディレクトリ名等は例示に過ぎません。

サーバー側

sudo -i
cd /export/git
mkdir myProject.git
cd myProject.git
git init --bare --shared
chown -R git:git .

クライアント側

ワーキングディレクトリで、git init
.gitignoreはすでにあるディレクトリから持ってくる
git add .
git commit
git remote add myproject git@server:/export/git/myProject.git
git push --set-upstream myproject master

ScanSnap iX500をWi-fi接続で使う

ScanSnap iX500はワイヤレス接続でも使うことができる。その場合、PCから制御を行う場合と、androidデバイス(かiのつく何者か)から制御を行う場合とがある。今回、どちらも使ってみて、それぞれに私の環境では最初問題があって、PFUのヘルプセンターのお力を借りることになったので、それを記録しておこう。

まず、最初に私の持っているタブレットAsus TF-300TはPFUサイトの対応機種情報によると、動作実績がないのであるが、特に癖のあるデバイスというわけでもないので、普通に使えるに違いないと思い、そのためのアプリである"ScanSnap Connect Application"をGoogle Play ストアからインストールしようとした。ところが、まずこのアプリ名で検索しても、検索結果にこのアプリが出てこない。ウェブサイトの方からリンクをたどるとなんとかPlayストア上のこのアプリにたどり着けるが、しかし、「お使いの端末はこのバージョンに対応していません」と表示され、インストールボタンが無効になっている。

ちょっと調べると、裏技で、アプリのパッケージであるapkファイルを直接ダウンロードしてインストールすることが可能らしい。Google PlayストアからapkファイルをダウンロードするためのAPK DownloaderというプラグインがChromeにはあるらしいので、これを試してみた…が、このプラグインを使っても、他のアプリはダウンロードできるのにScanSnap Connect Applicationだけはやはりダウンロードできなかった。

これはメーカーが動作対応確認の取れていない機種にはインストールさせないようにしているのかと思い、サポートセンターに少し制限がきつすぎないかというメールを送ってみたところ、調査するのでしばし待つようにという返事があった。その後2、3日してアプリがバージョンアップでもしていないかと思い、再びPlayストアをのぞいてみたところ、今度は普通にアプリが検索でき、インストールボタンも表示されていた。インストールしてみると問題なく使用できることが分かった。

サポートセンターに報告したところ、Playストア側で対応した模様、とのこと。どうやらPFUからGoogleにデータベースの修正を依頼してくれたらしい。ともあれ、これでシンプルな使用については、PCを立ち上げることなくタブレットだけで読み取りが可能になった。

そして、PC側での読み取りであるが、こちらは前のエントリに書いたように、仮想マシン上で読み取りを行っている。何の問題もなく使えている…と思っていたのだが、一点微妙なことがあった。それは、添付ユーティリティScanSnap Managerを用いて読み取りを行う場合、USB接続では、PC側のアプリケーションのボタンからでも、ScanSnap本体側のScanボタンからでも、読み取りの開始、継続を行うことができるのだが、USBケーブルを外してWi-fi接続でスキャンする場合、PC側の操作でしか読み取りができず、ScanSnap側のボタンを押しても、一回LEDが点滅するだけで何も起こらないという状況だった。

これは細かいようで、大量にスキャンするときには結構使い勝手に影響するので、Wi-fi接続だけ差別された仕様なのかと思い込み、再びサポートセンターにメールを送った。すると、帰ってきた答えによると、Wi-fi接続でもUSB接続と同じにScanSnap側のボタンで読み取り操作は可能であるとのことだった。原因として、WindowsファイアウォールによってScanSnap iX500からPC上のScanSnap Managerへの通信がブロックされている可能性があるので、Windowsの設定をチェックせよとある。それで確認してみたが、ファイアウォールの設定は問題なかった。

それで三度サポートセンターに、ファイアウォールの問題ではないようだと伝え、このとき初めて、自分が仮想マシンを用いていることも連絡した。すると、基本的には仮想マシンは動作保証の対象外であるという回答(前のエントリにあるように、USB接続でさえひとひねり必要だったし、kvmの方では結局うまくいかなかったので、これは納得できる)。そうではあるが、とさらに続き、「仮想マシンを使用している場合、仮想マシンのネットワーク設定がNAT接続になっている場合、ブリッジ接続に変更するとうまくいく場合があります。」とある。

これを見てハタと膝を叩いた(比喩表現です)。確かに、私はいつもは仮想マシンを使うときはブリッジ接続にすることが多かったのであるが、今回はUbuntu 13.04をインストールして以来、デフォルトではブリッジインターフェースも設定されていないので面倒で、VirtualBoxのインストール時もデフォルトのNATのまま使っていた。これだとホストOSであるUbuntuがファイアウォールの役割をして、iX500から開始される仮想マシンへの通信をブロックしていたわけである。

なるほど、ということで、さっそく、初期状態では

auto lo
iface lo inet loopback

しか記述されていない/etc/network/interfacesを変更し、


auto lo
iface lo inet loopback

iface eth0 inet manual

auto br0
iface br0 inet dhcp
bridge_ports eth0


とする。そして(Ubuntuを一回再起動し)、VirtualBoxのマネージャウィンドウから、仮想マシン→設定→ネットワークの項目で、アダプター1の割り当てをNATからブリッジアダプターに変更し、ブリッジの名前としてbr0を選択する。これで仮想マシンを再起動すると、晴れてWi-fi接続でも、ScanSnap側のボタンで読み取りを開始、継続できるようになった。

辛抱強く対応してくださったPFUサポートセンター及び、エンジニアの皆さんに感謝したい。

Ubuntu上にWindows8を入れ、ScanSnap iX500を使う

大して広い所に住んでいるわけでもないので、場所を取っている本や紙を駆逐するために、ほぼ定番ともいえる PFUのScanSnap iX500 と断裁機 200DXのセットを購入した。

だが、あいにくとiX500は、そのままではまだLinux上で素直に使うということはできないようだ。スキャンプログラムの代表であるSaneのチームで対応の努力は行われているようだが、少なくともUbuntu 13.04の時点で何もせず使用できるようにはなっていない。また、いかんせんスキャナーとして動作するようになったとしても、当面それは単純に画像取り込みが行えるようになるというだけであり、Windows/Mac上でのユーティリティがもっているような様々な補正機能や連続取り込み、他のユーティリティとの連携などの機能はPFUがLinuxに対応するか、あるいはScanSnap関連のユーティリティをすべてクラウド/Webアプリ化するかしてくれないかぎり望むべくもない。

私はWindows Vistaの動くセカンドマシンを持っているには持っているが、取り込みの度にいちいちこのマシンを起動するのもあまり気が進まない。

そういったわけで、Ubuntu 13.04上で、仮想マシンにWindows 8をインストールしてこれをScanSnapの読み取り環境として使用することにした。いささか勿体ないが、基本そのためだけにWindows 8のDSP版も購入した。

ここでその手順をメモするが、基本的なポイントは以下の5つであった。

1. 仮想マシンにはOracle VirtualBoxを用いる
2. VirtualBoxはroot権限で動かす
3. VirtualBoxのGuest Additionsをインストールする
4. VirtualBoxのエクステンションパックをインストールする
5. VirtualBoxでUSB機器(iX500)を認識させる設定をする

それでは各項目について順次説明する。

1. 仮想マシンにはOracle VirtualBoxを用いる
kvm-qemuも試した(virtmanagerを用いた)のであるが、kvmではまずゲストとして設定可能なWindowsのバージョンは今のところ7までであった。Windows 8もWindows 7のつもりでインストール自体はできるが、インストールした後、モニターの解像度が最低の1024x768しか選択できなかったり、仮想マシンのWindows 8を正常にシャットダウンできなかったり、またiX500も結局正常に認識させることができなかったので今回は断念した。

VirtualBoxの方では、Windows 8もゲストのリスト内にあり、今回の目的にはよりマッチしていると感じた。なお、仮想マシンのディスク容量は、今回40GBとした。今回の設定を全て終え、Windowsのアップデート等も終了した時点で、約22GBの領域が使用された状態になった。ほとんど余裕はないが、スキャンしたデータは仮想マシン内に置くことはないのでよしとする。

2. VirtualBoxはroot権限で動かす
これは、どうもroot権限でないと、USBデバイスへのアクセスが正しくできない節があったのと、項目4でエクステンションパックをインストールするときにもroot権限が必要だからである。端末から起動するなら普通に

sudo virtualbox

でいいし、私はデスクトップにUnityではなくCairo-dockを選択しているので、Cairo-dock上でランチャーを作り、
実行するコマンドとして

gksudo virtualbox

と設定した。これで起動時にパスワードを尋ねられ、root権限でVirtualBoxを起動できる。

3. VirtualBoxのGuest Additionsをインストールする
Windows 8のインストールは普通に行えばよいが、インストール直後はやはり画面の解像度が低い値しか選択できない。これは、VurtualBoxのウィンドウのデバイスメニューの一番下にある項目、「Guest Additionsのインストール…」を選択し、表示されるGuest Additionを指示に従いインストールすればよい。experimentalとして、Direct Xのサポートを有効にする拡張機能がインストールされるが、これによってモニタの物理解像度ほぼ一杯の解像度が選択できるようになる。VirtualBox自体のメニューやら通知領域のため、最大解像度よりわずかに小さい画面になるようである。私の物理解像度1920x1080のモニターの場合、1910x1003が設定できた。この上に1920x1440もあったが、これを選択するとかえって使い勝手が良くないのでやめておいた。

追記 2013/07/02
その後、VirtualBoxをフルスクリーンビュー(デフォルトでは右Ctrl + F)で使用するとディスプレイの物理解像度に合わせてWindows解像度も追従することがわかった。

4. VirtualBoxのエクステンションパックをインストールする
この手順は若干注意が必要である。このパッケージはVirtualBoxダウンロードのページにあるのだが、ここから直接インストールしようとするとうまくいかない。それは、このページ内のリンクをダブルクリックすると自動的にVirtualBoxが起動してこの拡張パックを読み込もうとするのだが、この起動するVirtualBoxは最初にroot権限で起動したものとは別インスタンスであり、一般ユーザー権限で動作しているので、必要なファイルを書き込むことができないのである。したがって、上記のページから直接インストールを行うのではなく、上記ページから、いったん拡張パッケージを任意のフォルダにダウンロードする。なお、バージョンが、このエントリ執筆時点で、VirtualBoxの

4.2.12
4.1.26
4.0.18

用の3つある。いずれも、"only"と書いてあり、一方でUbuntuパッケージのVirtualBoxのバージョンを調べると、
dpkg -l virtualbox
ii virtualbox 4.2.10-dfsg- amd64 x86 virtualization solution - bas
と表示され、4.2.10のようである。これだとどの拡張パックも使えない可能性があるわけだが、幸い私が試した限りにおいては、4.2.12用のパッケージを使用してとくに問題は起きなかった。で、インストールの方法であるが、root権限で起動されたVirtualBoxのマネージャウィンドウの方で、ファイル→環境設定→機能拡張と選択し、そのウィンドウでリスト(最初は空のはずである)の右に表示されている"パッケージを追加"ボタンをクリックして、先ほどダウンロードしておいた拡張パッケージを読み込み、インストールする。成功すればこのウィンドウのリストに読み込まれたパッケージが表示される。
virtualbox1.png
5. VirtualBoxでUSB機器(iX500)を認識させる設定をする
次に、VirtualBoxマネージャウィンドウで、仮想マシン→設定を選択し、仮想マシンの設定ウィンドウを開く。そして、このウィンドウのUSBの項目で、「USBコントローラーを有効化」(たぶん最初から有効になっている)「USB2.0(EHCI)コントローラを有効化」が両方チェックされた状態にし、さらに、必要に応じて、この画面右のフィルター追加ボタン(緑の+アイコンのボタン)をクリックして、USBデバイスフィルターとして「Fujitsu ScanSnap iX500」が追加、選択された状態にする。

この状態で一度ゲストのWindows 8をリブートし(必要ないかもしれない)、仮想マシンウィンドウのメニューからデバイス→USBデバイスと選択して表示されるメニューから、iX500を選択すれば、晴れて仮想マシンに対してiX500が接続された状態になるはずである。あとは普通にWindows 8上でユーティリティやドライバのインストールを行えばよい。

以上で、ほとんどネイティブ環境と変わらない快適さで取り込み処理を行えるようになった。

Raspberry PiのUSB電源がけっこうシビアだった

前に書いた通りRaspberry Piに無線LANアダプタWLI-UC-GNMを接続して運用していたのだが、どうも2、3日に一回程度の頻度でシステムがダウンするという状況が続いていた。単にその都度電源を抜き差しして再起動していたのだが、やがて再起動もしなくなってしまった。そこであらためてディスプレイをつないで見てみると、どうやらファイルシステムが再起動時のfsckでは修復できないくらい損傷してしまったらしい。

最初は何が原因かよく分からなかったのだが、オープンソースコンファレンス2013 springに出た折に、Rasberry Piのセッションを聴いたところ、USB接続のLANアダプタはけっこう注意が必要です、とのこぼれ話があった。言われてみれば、再セットアップのために無線LANアダプタ、キーボード、ワイヤレスマウスの3つを(Raspberry PiのUSBポートは2つしかないので、USBハブを介して)接続して作業したのだが、マウスをワイヤレスのものにすると、キーボードの入力が無視されたり、勝手にリピートされたりとかなり挙動不審であった。キーボードは手持ちの2種類で試してどちらも同じだったので、キーボードのせいではない。また、USBハブをバスパワータイプからセルフパワータイプに変えてみたが、それでも症状は変わらなかった。マウスをワイヤレスから、USBの有線接続のものに変えてみたところ、辛うじてキーボードの動作はまともになり、設定作業を終えることができた。

しかし、その後も無線LANアダプタのみをつけた状態で動かしているとやはり半日程度でダウンするなど、どうも安定しない。無線LANアダプタに触れてみると、けっこう暖かく(触れないほどではないが)なっている。考えてみれば、Raspberry Piの本体自体は、700mA以上の電源推奨、ということは5V*0.7A = 3.5W程度の消費電力となる。それに対して、WLI-UC-GNMのスペック上の消費電力はバッファローのサイトによると最大2.5W。この本体にこのパワー消費はきつすぎたか…

もしかすると、本体電源に、簡単に手に入るUSB「充電器」ではなく、USB給電で電子機器を動作させることを前提としたより本格的な電源ユニットを使えばいいのかも知れないが…今手元にあるものでは丁度いいものがない。使っていないPC電源からUSBケーブルに工作してつなげば一応条件を満たすものができそうだが、数ワットの機器を駆動するのに数百ワットの電源ユニットを常時使用、というのはそれこそ本末転倒になってしまう。

というわけで、後ろ向きな解決ではあるが、無線LANアダプタはつけず、有線LANで運用することにした。今後もRaspberry PiのUSBポートに機器を接続する場合は、消費電力に注意を払う必要がありそうだ。

MRTG cfgmaker用ホストテンプレート

MRTGの設定ファイルを生成してくれるユーティリティcfgmakerは、標準ではネットワークインターフェースについての監視項目のみを生成するようになっている。対象ホストのその他の監視項目を自動生成したければ、「ホストテンプレート」という雛形ファイルを用意してこれをcfgmakerのコマンドラインオプションで指定することになっている。

Cheshire Cat Softwareにはさまざまなハードウェアに対応したホストテンプレートが置かれている。私はLinuxしか使っていないので、ここからHost template for Linuxをいただいてきて、これをベースとして使うことにした。

だが実際使ってみると、多少自分の環境に合わせて修正が必要だった。OIDを数値で指定しないと情報が取れないとか、PageTopに指定する文字列は<H1></H1>で囲まねばならないとか、あと自分の好みでメモリに関しては空きメモリではなく使用メモリを表示するようにしたとか、まあ些細なことであるが、一応ここに置いておく。

最終的には、手編集一切なしでMRTGの設定ファイルを作成したいのである。このテンプレートを(ファイル名host.tplとする)用いて、

$ cfgmaker --ifref=name --host-template=templates/host.tpl --global "WorkDir: /var/www/mrtg" --global "Options[_]: growright" --subdirs=HOSTNAME community1@host1 community2@host2

として設定ファイルを生成し、さらにその後にMRTG用のディスクエントリを自動生成するで作成したディスクパーティション監視用のエントリを結合して使う。

これで一応、自分の環境では手編集を行うことなくMRTGの設定を行うことができるようになった。
プロフィール

GM3D

Author:GM3D
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。