スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

androidアプリを初めて作る

表題の通り、初めてandroidデバイス用のアプリを製作してみた。
タイトルはちょっとポエムで恥ずかしいが、「SatelliteDust - みちびきのささやき -」とつけた。

みちびき、というのはGPSの日本版にあたる、準天頂衛星の1号機である。準天頂軌道という特別な軌道を通るので、日本の上空に滞在する時間が長く、日本で測位に用いるのに便利という性質がある。

このみちびきのプロモーションのために準天頂衛星アプリコンテストという催しが行われていることを先月知ったので、良い機会と思い、androidアプリの基本を学びがてらに応募してみようと思ったのである。

作ったアプリは、以下のような画面を表示する(だけの!)簡単なものである。

Screenshot_2014-07-06-18-38-17.jpg

なにしろこの催し自体を知ったのが遅くて、最初のバージョンを締切りに間に合わせるのがやっとだったので、きわめてシンプルなものである。

準天頂衛星とどう関係あるかというと、この光の粒が上空から降ってくるのだが、その数が準天頂衛星とGPS両方含めて、信号を実際に受信できている衛星の数に比例して多くなるようにしてある。

もっと実用的なアプリはもうすでにこのイベント以外も含めて多くの人が作成しているので、開き直って実用性0を目指してみた。自分は実はこういう簡単なグラフィックが動いているとぼんやり眺めてしまう方なのだが、案外似たような人はいるかもしれないと思って作ってみた。

OpenGLは幸いシェーダーも含めて経験があるので、OpenGL ES2.0を使って表示を行っている。その分表示に関してもまだまだいろいろ変更する余地があるので、今後少しづつバージョンアップを重ねながら設定項目も充実させていきたい。(最初のバージョンは、設定項目もヘルプ画面も何もない)

このエントリを読んでくれた方も、良ければぜひGoogle Playからインストールして試してみていただければありがたい。作りが素人っぽいのはともかくとして、少なくとも怪しいことはしていないので安心していただきたい。

動作に必要な許可は、
位置サービス(低精度)
位置サービス(高精度)
インターネット接続(JAXAからAPIで衛星の軌道データを取得するため)
である。また、OpenGL ES 2.0を用いている関係上、対応するandroidバージョンは2.2(API 8)以上となる。ただ実機テストは4.2.1、4.2.2でしか行っていないので、動作・非動作の報告などもいただけるとありがたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

GM3D

Author:GM3D
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。