スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntu 13.04 日本語TeXまわりの設定メモ

ここ何年もプレゼンやら資料作成に縁のない生活を送っていたが、久々にそういったことが必要になり、Ubuntu 13.04にLaTeX環境をインストールした。何も独自性があるわけではないが、例によって忘れないようメモしておく。

Ubuntu 13.04でLaTeX環境を整える | Kubuntuにっき(仮):にしたがって、texlive-lang-cjkパッケージをインストール。

emacsからの編集作業のために、yatexパッケージをインストール。

日本語dviファイルのプレビューがこのままではできなかったので、xdvik-jaパッケージをインストール

これだけで、最低限日本語でLaTeX文書を作成できるようにはなった。

どうも他のブログなどを見るとまだいろいろ細かい設定があるようだが、ミニマルにはこれでよしとする。

さらに、プレゼン資料はLibreOffice Impressで作ることにした。数式を扱う標準のツールとして提供されているLibreOffice Mathも、まあ慣れればある程度使えるが、数式ならやはりTeXベースで入力できればそれにこしたことはない。探すと、かりぐらしのshunbo: LibreOfficeにLatexの数式を埋め込む:
でLibreOffice用のTexMathなるプラグインがあることが紹介されている。

さっそくこれをこの記事ににしたがって提供元からダウンロード、インストールしたところ、大変使い勝手が良く、もうよほどのことがなければLibreOffice Mathを使う必要はないだろうと感じた。

標準では定義されていないベクトルのブラケット記法などを使うために以下の設定を行った。

LibreOfficeアプリケーションウィンドウの左上隅に表示される「π」アイコンをクリックし、TexMathsウィンドウを開く。
このウィンドウ右下にあるボタンのうち、「Preamble」をクリックすると、サブウィンドウが開く。
このサブウィンドウ内に、必要な\usepackage{}コマンドを追加する。あるいは、直接コマンド定義をここに追加することもできる。もちろんパッケージ自体がまだシステムにインストールされていなければapt-getなりでインストールする。
「Save」をクリックして設定完了。


スポンサーサイト

テーマ : ツール・ソフトウェア
ジャンル : title="コンピュータ">コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GM3D

Author:GM3D
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。