スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CUDA 6.0RCをUbuntu 13.04にインストール

先のエントリで13.10をいったんインストールしたのだが、結局その後再びダウングレードして、13.04になった。
それはCUDA 6.0RCをうまく動かすことができなかったからである。

何が問題だったかというと、やはりディスプレイドライバ回りなのだが、CUDA 6.0RCに同梱のドライバは、331.44というバージョンである。NVIDIAのダウンロードサイトから持ってきたdebファイルを用いてCUDA 6.0RCをインストールすると、この331.44ドライバがインストールされるのだが、これだとウィンドウ画面が表示されない。

一方で、スタンドアローンでNVIDIAから配布されているディスプレイドライバの方は331.38で概ね近くはあったが、これをCUDA 6.0RCに上書きインストールすると、画面表示は行われる。しかしこの状態ではCUDAの方が動作しない。CUDA関連のプログラムを起動すると、nvidia-331-uvmモジュールに関連するシンボルが見つからないというメッセージが表示される。uvmは"Unified Memory kernel module"ということなので、CUDA 6.0のフィーチャーの一つであるユニファイドメモリスペースのためのドライバなのであろう。表示専用のスタンドアロンドライバでは、この機能が提供されないということかと考えている。とにかくこれではだめである。

CUDA 6.0RCのインストール時に表示されるメッセージを睨んでいると、ディスプレイドライバモジュールの作成ステップで、カーネル3.10.* (末尾の数字は忘れた)に対するパッチを適用しようとして失敗しているように見えた。Ubuntu 13.10ではカーネルバージョンが3.11なので、NVIDIAが用意したこのパッチがうまく当たらないのかもしれない。そこで、カーネルバージョンが3.10以前のものであればなんとかなりそうだと推測できる。結局、今回はCUDA 6.0RCで公式にサポートされているUbuntu 13.04にすることで、動作させることに成功した。

さらに、Ubuntu 13.04上でpyCUDAからCUDA 5.5を使うの手法を今回も適用して、pyCUDAを動かすことにも成功した。また最近使い始めたpythonのTheanoというマシンラーニング関連のパッケージも、どうやらGPUを利用して動かすことができているようだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GM3D

Author:GM3D
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。