スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Asus TF300Tにandroid 4.2をインストールする

手持ちのタブレットAsus TF300Tに、少し前に非公式ROMでJellybean 4.2を入れてみたが、その時はトータルの利便性から結局Jellybean 4.1.1にダウングレードしてしまった。しかし他のSKUバージョンから遅れること約一月、ついにAsusから日本語版公式アップグレード用のzipファイルが公開されたので、私もさっそくアップグレードを行うことにした。

AsusにとってはPadPhoneやらMemo Padやら新製品が相次ぐ中で大変だったと思うが、JP版のアップグレードファイルを公開してくれたことに感謝したい。

なお、毎度言うまでもないが、ここに記述するのはあくまで私の場合は成功したという報告であり、他の方が試されたときの手順を保証するものではない。特に今回のアップグレードは、失敗すると完全にタブレットが使用不可能になって復元できなくなる危険もあるようである。あくまで自己責任でお願いする。あと、ここに書いてあるのはroot化されている場合の話であり、そもそもroot化しないでメーカー保証の範囲内で使っている場合はFOTAアップグレード機能により、もっと簡単かつ安全に4.2へのアップグレードが可能であることは言うまでもない。

作業全般は、基本的にこの記述を参考に行った。しかし今回のアップグレードは、この警告によると、中途半端に作業してからやっぱり元に戻そう、ということはできないようである(やろうとするといわゆるbrick、再起不能状態になる可能性があるらしい。詳しく言うと、ブートローダが4.2用のものにアップグレードされた状態で4.2以前のandroidのROMを書き込むともうfastbootも使えない状態になる、ということのようである)。そういう意味ではリスクの高い作業なのかもしれない。
追記 2013/4/26:
このポストによると、Jellybean 4.2にアップグレードした後でも、Jellybeanの範囲内であればダウングレード可能らしい(ICSへはダウングレード不可能らしい)。ただ、私自身は確認していない。


私が今回の作業を行う前の段階では、どういう状態だったかと言うと

Asusの公式ROMにより、Jellybean 4.1.1にアップグレード済み
Clockwork Mod Recoveryインストール済み
CWM RecoveryによってSuperuser-3.2-RC3-arm-signed.zipを書き込むことによりroot化済み

さらに、いわゆる母艦として64ビットデスクトップPC(Ubuntu 12.10)に、android sdk tools (adt bundle版)をインストールしてあり、これを利用して作業した。

Asusのダウンロードサイトからいただいてきた、TF300T-JP_epad-user-10_6_1_8_4-UpdateLauncher.zipを解凍すると、JP_epad-user-10.6.1.8.4.zipというファイルができるので、これをあらかじめ(旧バージョンのandroidが動いているうちに)/sdcard以下にコピーしておいた。また、root化のためにはここからリンクの張られているUPDATE-SuperSU-v1.25.zipも必要なので、これもあらかじめ/sdcard以下に置いておくのがよいだろう。

あと、Asusのサイトには、アンロックされたブートローダーのアップグレードファイルであるUnlock_v8.rarというファイルがユーティリティの項に置いてあり、一見これを解凍してできるUnlock_v8.apkをインストールするのかという気がするのだが、結論から言うと、これは必要ない。ブートローダは、Jellybean 4.2のzipファイルをインストールするときに一緒に自動的にアップグレードされる。(逆に、手動でこのUnlock_v8.apkをインストールしようとしても、「ファイルの解析に失敗しました」といったメッセージが表示されてインストールできない。むしろできなくて幸い、下手に先にブートローダだけアップグレードできてしまうと、上記の警告に書かれている状態になり、brickで詰むのかも知れない。)

私は上で述べたように、すでにCWM Recoveryが動作している状態で作業したので、4.2への実際のアップグレード作業そのものは、リカバリーモードで再起動して、Dalvik cacheを消去した後、JP_epad-user-10.6.1.8.4.zipを選択し、インストールするだけだった。これで再起動すれば、4.2が起動する。が、すぐ後に述べる理由によりここではまだ再起動しないことを勧める。(私は再起動したので、若干手順が増えたのではないかと思う)

Asus公式ROMは当然root化されてはいないので、アップグレード後、改めてroot化を行わなければならない。そこで再びリカバリーモードに入り、先に/sdcard以下に置いてあったUPDATE-SuperSU-v1.25.zipをインストールすればよい、かと思いきや実はそうはいかなかった。

先に述べたように、Jellybean 4.2へのアップグレードを行うと、ブートローダも自動的に更新される。このため、CWM Recoveryはもう動作しないのである。リカバリーモードに入ろうとしても、例の気絶droid君アイコンが表示される。上の手順でまだ再起動していなければ、まだCWM Recoveryが動作しているうちにUPDATE-SuperSU-v1.25.zipを書き込んで、アップグレードとroot化とを一手順ですませられるのではないか、と思う。が、私は既に書いたとおり再起動して違う手順での作業になったので、確認はしていない。


なお、新しいブートローダでは、メニュー画面にUSBアイコンが出てこない。あらかじめ知らされていなければ、これでfastbootも使えなくなって、オレ詰んでね?となるところである。しかし実は、新しいブートローダでは、わざわざUSBアイコンをメニューから選択しなくても、メニューが表示されている状態のままでfastsbootプロトコルが動くのだそうだ。

今回、CWM Recoveryは、TF300Tに対応した新しいバージョンのブートローダの下で動くものが見つからなかったので、同種のユーティリティとして、TWRP 2.4.4.0をfastbootを使用してインストールした。これは、ここからいただいてきたzipファイルを展開し、その中のtwrp.blobファイルを使用した。(私はLinux環境なので、他のdllやらexeファイルには用がない)

fastboot -i 0x0b05 flash recovery twrp.blob

としてTWRPをインストールし、

fastboot reboot

でタブレットを再起動すれば、うまくいっていれば再びリカバリーモードが使用できるようになっている。そのinstallメニューから、UPDATE-SuperSU-v1.25.zipをインストールすればroot化完了である。

fastbootを使用するに当っては、Linux側ではrootになっておく必要があったし、また正しくタブレットと母艦の間で通信を行うために、タブレットを一回再起動する必要があった。

また作業には直接関係ないが、先に公開されたUS、WW、TW版のバージョン番号は10.6.1.8、CN版は10.6.1.8.1だったのに対し、JP版は10.6.1.8.4となっており、内部で数回にわたる修正作業が発生していたことが伺える。Asusのエンジニアの方々の労をねぎらいたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:GM3D
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。