スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MRTG cfgmaker用ホストテンプレート

MRTGの設定ファイルを生成してくれるユーティリティcfgmakerは、標準ではネットワークインターフェースについての監視項目のみを生成するようになっている。対象ホストのその他の監視項目を自動生成したければ、「ホストテンプレート」という雛形ファイルを用意してこれをcfgmakerのコマンドラインオプションで指定することになっている。

Cheshire Cat Softwareにはさまざまなハードウェアに対応したホストテンプレートが置かれている。私はLinuxしか使っていないので、ここからHost template for Linuxをいただいてきて、これをベースとして使うことにした。

だが実際使ってみると、多少自分の環境に合わせて修正が必要だった。OIDを数値で指定しないと情報が取れないとか、PageTopに指定する文字列は<H1></H1>で囲まねばならないとか、あと自分の好みでメモリに関しては空きメモリではなく使用メモリを表示するようにしたとか、まあ些細なことであるが、一応ここに置いておく。

最終的には、手編集一切なしでMRTGの設定ファイルを作成したいのである。このテンプレートを(ファイル名host.tplとする)用いて、

$ cfgmaker --ifref=name --host-template=templates/host.tpl --global "WorkDir: /var/www/mrtg" --global "Options[_]: growright" --subdirs=HOSTNAME community1@host1 community2@host2

として設定ファイルを生成し、さらにその後にMRTG用のディスクエントリを自動生成するで作成したディスクパーティション監視用のエントリを結合して使う。

これで一応、自分の環境では手編集を行うことなくMRTGの設定を行うことができるようになった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:GM3D
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。