スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CUDA 6.0RCをUbuntu 13.04にインストール

先のエントリで13.10をいったんインストールしたのだが、結局その後再びダウングレードして、13.04になった。
それはCUDA 6.0RCをうまく動かすことができなかったからである。

何が問題だったかというと、やはりディスプレイドライバ回りなのだが、CUDA 6.0RCに同梱のドライバは、331.44というバージョンである。NVIDIAのダウンロードサイトから持ってきたdebファイルを用いてCUDA 6.0RCをインストールすると、この331.44ドライバがインストールされるのだが、これだとウィンドウ画面が表示されない。

一方で、スタンドアローンでNVIDIAから配布されているディスプレイドライバの方は331.38で概ね近くはあったが、これをCUDA 6.0RCに上書きインストールすると、画面表示は行われる。しかしこの状態ではCUDAの方が動作しない。CUDA関連のプログラムを起動すると、nvidia-331-uvmモジュールに関連するシンボルが見つからないというメッセージが表示される。uvmは"Unified Memory kernel module"ということなので、CUDA 6.0のフィーチャーの一つであるユニファイドメモリスペースのためのドライバなのであろう。表示専用のスタンドアロンドライバでは、この機能が提供されないということかと考えている。とにかくこれではだめである。

CUDA 6.0RCのインストール時に表示されるメッセージを睨んでいると、ディスプレイドライバモジュールの作成ステップで、カーネル3.10.* (末尾の数字は忘れた)に対するパッチを適用しようとして失敗しているように見えた。Ubuntu 13.10ではカーネルバージョンが3.11なので、NVIDIAが用意したこのパッチがうまく当たらないのかもしれない。そこで、カーネルバージョンが3.10以前のものであればなんとかなりそうだと推測できる。結局、今回はCUDA 6.0RCで公式にサポートされているUbuntu 13.04にすることで、動作させることに成功した。

さらに、Ubuntu 13.04上でpyCUDAからCUDA 5.5を使うの手法を今回も適用して、pyCUDAを動かすことにも成功した。また最近使い始めたpythonのTheanoというマシンラーニング関連のパッケージも、どうやらGPUを利用して動かすことができているようだ。

スポンサーサイト

Ubuntu 13.10でCapsLockをControlに

CUDA 6.0 RCが公開されて、やはりUbuntu 14.03まで待っていられる感じではなくなってきたので、気は進まないながらもUbuntuを再び13.10にアップグレードした。

日本語入力環境に関しては、ibusはとにかくもう使用に耐えないので、とりあえずは
Ubuntu 13.10でSCIM+Anthyを使って日本語入力する - ytooyamaのチラシの裏(「の」の連続):
にしたがって、Scim + Anthyを使用することにした。
このコンビネーション、考えてみれば古巣のFedoraでも使っていた気がする。

そしてもう一つ、キーボードのCaps LockをControlキーに設定していたのだが、この設定もUbuntu 13.10ではどうも効かなくなってしまった。さらに言えば、全角半角キーもEscapeに設定していたのが元に戻ってしまった。

こちらは、オープンソース試行錯誤: Ubuntu13.10 CapsLockをCtrlキーとして使う設定:さんの方に方法が紹介されていたのだが、なぜか私のPCでは、gnome-tweak-toolで見る限りちゃんとCapsLockはControlに、全角半角はEscに設定されているのだが、その設定が実際の動作に反映されていないようだ。またdconf-editorを使っても同じように設定できるのだが、これも起動してみると設定は既にされていることになっている。とにかくなんらかの理由でこれらの設定が反映されていないようだ。

その理由を追求すべきなのかもしれないが、どうも手がかりも思いつかないので、とりあえずは別の方法に訴えることにした。これは特定のデスクトップ環境に依存しない方法なので、もし私と同じく、上記リンクの方法で解決しない方がいたら試してみていただきたい。

.profileに、以下のような記述を加える。


if [ x$DISPLAY != "x" ]; then
if [ -x /usr/bin/setxkbmap ]; then
setxkbmap -option "caps:ctrl_modifier"
fi
xmodmap -e "keysym Zenkaku_Hankaku = Escape"
fi


DISPLAY環境変数をチェックしているのは、ウィンドウ環境かコンソール環境かを調べるためである。ウィンドウ環境のときのみ、setxkbmapコマンドによりCapsキーの動作を変更し、xmodmapコマンドで全角半角キーのkeysymを変えている。

なお、肝心のCUDA 6.0RCはまだ動かしていない。これから作業する予定である。
プロフィール

GM3D

Author:GM3D
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。