スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身の回りの電化製品の消費電力

さて、現在東京在住なので、今回の地震・津波に伴い節電にも協力することにした。効果的に行うために、今一度身の回りにある電化製品の消費電力をチェックしてみる。一般論としては、電気を熱に変えて利用するものが最もW数が大きくなりがちのはずだが。

32型液晶TV 使用時144W 待機時0.1W
石油ファンヒーター 点火時320W 運転時20W
蛍光灯 30W + 38W
電気ポット 1000W
冷蔵庫 70W(モーター) + 120W(電熱装置)
電子レンジ 500W

確かに電気ポットや電子レンジは動作中の消費電力は大きく、実はうちのキッチンでは両者が同時に動作するだけでかなりの確率でブレーカーが落ちる。しかしこれらはいずれも、動作している時間は比較的短い。冷蔵庫にしても実際にコンプレッサーが動作して冷却動作を行っている時間はそんなに長くはない。

そう考えると、実はTVは意外に多くの電力を消費している気がしてきた。私はTVをつけている時間が長いので気にしなければいけないだろう。また、蛍光灯も白熱電球よりは少ないながら、部屋が暗く長時間証明をつけがちなゆえに注意すべきかもしれない。

そしてあとは何といってもPCである。私のPCは2台あって、どちらも特にハイパフォーマンスを狙っているわけでもないので取り立ててパワーを多く消費するわけではないが、それでもおそらくどちらも平常使用時で100Wから200W程度は喰っているのではなかろうか。

以上のことを考慮して、特に計画停電初日は大規模停電を回避するため部屋の明かりもTVも消して、ノートPC一台で情報を収集していた。これから徐々に東京電力の給電能力も回復してくるだろうが、今後も生活を見直して、無駄な電気の使用は個人的に控えたいと思う。それが今回の災害から学べる前向きなことの一つだと思うから。
スポンサーサイト
プロフィール

GM3D

Author:GM3D
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。