スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntu 13.04 日本語TeXまわりの設定メモ

ここ何年もプレゼンやら資料作成に縁のない生活を送っていたが、久々にそういったことが必要になり、Ubuntu 13.04にLaTeX環境をインストールした。何も独自性があるわけではないが、例によって忘れないようメモしておく。

Ubuntu 13.04でLaTeX環境を整える | Kubuntuにっき(仮):にしたがって、texlive-lang-cjkパッケージをインストール。

emacsからの編集作業のために、yatexパッケージをインストール。

日本語dviファイルのプレビューがこのままではできなかったので、xdvik-jaパッケージをインストール

これだけで、最低限日本語でLaTeX文書を作成できるようにはなった。

どうも他のブログなどを見るとまだいろいろ細かい設定があるようだが、ミニマルにはこれでよしとする。

さらに、プレゼン資料はLibreOffice Impressで作ることにした。数式を扱う標準のツールとして提供されているLibreOffice Mathも、まあ慣れればある程度使えるが、数式ならやはりTeXベースで入力できればそれにこしたことはない。探すと、かりぐらしのshunbo: LibreOfficeにLatexの数式を埋め込む:
でLibreOffice用のTexMathなるプラグインがあることが紹介されている。

さっそくこれをこの記事ににしたがって提供元からダウンロード、インストールしたところ、大変使い勝手が良く、もうよほどのことがなければLibreOffice Mathを使う必要はないだろうと感じた。

標準では定義されていないベクトルのブラケット記法などを使うために以下の設定を行った。

LibreOfficeアプリケーションウィンドウの左上隅に表示される「π」アイコンをクリックし、TexMathsウィンドウを開く。
このウィンドウ右下にあるボタンのうち、「Preamble」をクリックすると、サブウィンドウが開く。
このサブウィンドウ内に、必要な\usepackage{}コマンドを追加する。あるいは、直接コマンド定義をここに追加することもできる。もちろんパッケージ自体がまだシステムにインストールされていなければapt-getなりでインストールする。
「Save」をクリックして設定完了。


スポンサーサイト

テーマ : ツール・ソフトウェア
ジャンル : title="コンピュータ">コンピュータ

Ubuntu 13.10でCapsLockをControlに

CUDA 6.0 RCが公開されて、やはりUbuntu 14.03まで待っていられる感じではなくなってきたので、気は進まないながらもUbuntuを再び13.10にアップグレードした。

日本語入力環境に関しては、ibusはとにかくもう使用に耐えないので、とりあえずは
Ubuntu 13.10でSCIM+Anthyを使って日本語入力する - ytooyamaのチラシの裏(「の」の連続):
にしたがって、Scim + Anthyを使用することにした。
このコンビネーション、考えてみれば古巣のFedoraでも使っていた気がする。

そしてもう一つ、キーボードのCaps LockをControlキーに設定していたのだが、この設定もUbuntu 13.10ではどうも効かなくなってしまった。さらに言えば、全角半角キーもEscapeに設定していたのが元に戻ってしまった。

こちらは、オープンソース試行錯誤: Ubuntu13.10 CapsLockをCtrlキーとして使う設定:さんの方に方法が紹介されていたのだが、なぜか私のPCでは、gnome-tweak-toolで見る限りちゃんとCapsLockはControlに、全角半角はEscに設定されているのだが、その設定が実際の動作に反映されていないようだ。またdconf-editorを使っても同じように設定できるのだが、これも起動してみると設定は既にされていることになっている。とにかくなんらかの理由でこれらの設定が反映されていないようだ。

その理由を追求すべきなのかもしれないが、どうも手がかりも思いつかないので、とりあえずは別の方法に訴えることにした。これは特定のデスクトップ環境に依存しない方法なので、もし私と同じく、上記リンクの方法で解決しない方がいたら試してみていただきたい。

.profileに、以下のような記述を加える。


if [ x$DISPLAY != "x" ]; then
if [ -x /usr/bin/setxkbmap ]; then
setxkbmap -option "caps:ctrl_modifier"
fi
xmodmap -e "keysym Zenkaku_Hankaku = Escape"
fi


DISPLAY環境変数をチェックしているのは、ウィンドウ環境かコンソール環境かを調べるためである。ウィンドウ環境のときのみ、setxkbmapコマンドによりCapsキーの動作を変更し、xmodmapコマンドで全角半角キーのkeysymを変えている。

なお、肝心のCUDA 6.0RCはまだ動かしていない。これから作業する予定である。

GithubのREADME.mdの書式

README.mdでは簡単なマークアップ書式がサポートされており、Githubの画面ではこれが反映される。

http://stackoverflow.com/questions/8655937/github-readme-and-readme-mdからの転載。

Will become a heading
==============

Will become a sub heading
--------------

*This will be Italic*

**This will be Bold**

- This will be a list item
- This will be a list item

Add a indent and this will end up as code

BitcasaのLinuxクライアント

BitcasaのLinuxクライアントはまだ正式版ではなく、α版ということになっている。それでも自分の環境では特に問題なく使えていたのだが、先のエントリのごとくにシステムの再インストールを行ったので、改めてBitcasaクライアントも入れようと思った。しかし、今現在、BitcasaのサイトからはLinuxクライアントがダウンロードできないようだ。アナウンスは以前から変わらず、「Linux版も開発中だよ~」の一言だけ。あんまり真面目にやってないんじゃないか?という気もするのだが、とにかくパッケージをどこかから入手しなくてはならない。

しばらくうろたえて探し回ったあげく、AUR (ja) - bitcasa:から、ミラーされているファイルをダウンロードできた。

また同様のことがあるかもしれないので、さっそくBitcasaにアップロードし…って金庫の鍵を金庫にしまう感じがするが、一応ブラウザからダウンロードできるので大丈夫である。

Ubuntu 13.04から13.10にアップグレードしようと思ったらなぜか12.10にダウングレードすることになってしまった

Ubuntu 13.10 "Sナントカ Sナントカ"が公開されたので、さっそく13.04からアップグレードしてみたのだが、現時点では私の使い方では、二つほど大きな問題点があることが分かった。

1. Anthyまわりが、なんというか、かなりダメダメになっている。詳しく言うと、

a. まずAnthy起動キーのコンビネーションが、なんの前振りもなくWindows + Space に変更されている。おかげでしばらくキーボードでAnthyを起動する方法がわからず、ドックの通知領域をクリックして切り替えていた。このコンビネーションは、OSC2013 fallでたまたまUbuntuユーザー会のブースで聞いて教えてもらったものである。

b. しかも、上記起動キーのコンビネーションを変える設定項目自体がどうもなくなっているようである。これもUbuntuブースの人も言っていた。したがって、自分でカスタマイズしようにもしようがない。

c. Windows + Spaceでとりあえずon/offはできるようになったのであるが、少なくともThunderbird上で使った場合、offにしたとき、日本語配列キーボードの無変換状態に戻らず、しれっと英語キーボード配列になってしまう。いちいち再びドックの通知領域をクリックし、メニュー上から(すでに選択状態になっている)"Ja"の項目を改めてクリックすれば日本語キー配列に戻る。が、とてもやっていられない。

2. CUDA 5.5がNVIDIAのUbuntu 12.10用のパッケージを使ってもインストールできない

以前のエントリに書いたごとく、13.04のときは12.10用のパッケージを使って、CUDA 5.5がインストールできていた。
しかし、13.10ではこれがうまくいかない。どうもCUDA 5.5で必要とされているバージョン319以上のディスプレイドライバがうまく動かないようだ。

Ubuntu 12.10はLinuxカーネル3.5ベース、13.04は3.8、13.10は3.11である。今まではLinuxカーネルのバージョンが上がっても、nvidiaのドライバもたいがいインストールして動作させることができたのだが、今回は現時点(2013/10/22)ではまだうまくいかないようだ。このサイトあたりを参考に頑張ればなんとかなるかもしれないが、私が13.04でちょっと試したところではうまくいかなかった。

仕方ないので、13.04にいったん戻そうと重い、システムのみ13.04を再インストールし、パッケージを更新したのち、以前のようにCUDA 5.5を入れようとしたのだが、なんとこれが今回は入らない。13.10と同じくディスプレイドライバ関連の問題で、319ドライバを入れると画面表示ができない状態になる。

前回のエントリを書いた時点では実際にインストールできていたので、そこから現在の間に行われたアップグレードによってディスプレイドライバとの非整合が起きたのか…13.04でCUDA 5.5が使えたのは言ってみればたまたまであるから、これはまあ、文句を言っても仕方ない。

この時点で私の取れる選択は以下のようなものが考えられる。

Ubuntu 13.10で、UbuntuのCUDA 5.0を使う。Anthyまわりは改善されるまで耐える。
Ubuntu 13.04で、UbuntuのCUDA 5.0を使う。
Ubuntu 13.04で、インストール直後の状態のまま、パッケージ更新を行わずに(ならば多分インストール可能なので)NVIDIAのCUDA 5.5を使う。
Ubuntu 12.10で、NVIDIAのCUDA 5.5を使う。

うーむ…と首をひねったあげく、今の自分の使い方では特にLinuxカーネルやUbuntu自体の新機能に依存はしていないこと、一方でデバッグ/プロファイルツールの安定性からCUDAのリリースはなるべく新しいものを使いたいこと、日本語もこのブログを書いたりするので犠牲にはできないこと、セキュリティパッチ等は放置するわけにもいかないこと、などを考えて、結局12.10にダウングレードすることにした。

さらに言えば、12.04 LTSでもCUDA 5.5は使えるので、LTSの安心感を買って、開き直ってそこまでダウングレードする選択もあるだろう。

私はUbuntuは11.04からの比較的にわかユーザ(以前はFedora)なのであるが、今回は自分にとっては初めての「外れアップグレード」であった。上記問題点が解消されるまで、今しばらくは12.10で我慢することにする。Quantaalさん、またしばらくよろしくお願いしまする。

追記 2013-10-25:
Ubuntu 13.10をインストールした直後に行う設定 & インストールするソフトによると、AnthyがえらいことになっているのはiBusの仕様変更の割を食ったのであって、致し方ないところらしい。私は別にAnthyラブラブというわけではないので、ここは推奨されるとおりMozcなりFcitxなりに乗り換えても構わないし、むしろその辺を試用して品質向上に協力すべきなのだが、問題はやはりCUDA 5.5の方である。CUDAのことさえなければ、nvidia-currentをただ入れるだけで、304ドライバあたりが入って動作することは確認しているのだが…Ubuntu 13.04も13.10もまだCUDA 5.5のサポート外である以上、NVIDIAがこれらで319以降のドライバを動くようにしてくれるのには時間がかかりそうな気もする。いましばらく12.10のまま待機しなければならないかもしれない。
プロフィール

GM3D

Author:GM3D
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。