スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CUDA Toolkit 5.0

現在、登録デベロッパーはCUDA Toolkit 5.0の early access版をダウンロードして試用することができる。リリースノートによれば、とりあえずLinux(Ubuntu 11.10)版では、gcc 4.6.2が正式サポートされるようだ。

Linux上で開発する身としては、今回のリリースでありがたいのはEclipseベースのNsightデバッガ・プロファイラが利用可能になることだろう。コマンドラインからもnvprofという新しいプロファイラが利用できるようなので、チューニングが楽になりそうだ。正直言ってcuda-gdbは正常に動作する環境を整えるのがかなり難しく、今までカーネルコードのデバッグやチューニングはなかなか大変だったのだが、これが改善されるのならありがたいことだ。

あと、複数のソースファイルを個別にオブジェクトにコンパイルして最後にリンクするという作業フローが使えるようになったのがありがたい。今まではモジュールfooのソースをfoo.cuとfoo.cppに分割しておくといったことが難しかったのだが、これで純粋なC++コードの部分とCUDA C/C++の文法を含む部分とにソースを分離して管理することが容易になった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CUDA 4でも...

CUDA 4でもCUDAのコードとそれ以外を別ファイルにして分割コンパイルできますよ.
ポイントは.cuファイルの中で外部から呼ばれる関数の前にextern "C"を付けて明示的にCのコードであることを宣言しておくことかと思います.
ググった時にどっかでそんな記述を見付けました.確かにこれでうまくいってます.

Re: CUDA 4でも...

おお、なるほど…ご指摘ありがとうございます。nvccをフロントエンドとして使うのは最低限にしたかったので助かります。
プロフィール

Author:GM3D
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。